ニーイントゥアウトと腰との関係
~人類共通の腰痛の原因とは?~

この間お話ししたニーイントゥアウトの次の段階の話をします。

ニーイントゥアウトは、膝が自然に内側に入っていって、かかとは後ろに引かれ、内側に引っ張られることによって、内側アーチが沈んでいきますね。

その時に膝が内に入るという動作が骨格上でおきているのであれば、前から見れば両ひざが内側に向きます。この時に、横から見れば、膝が前に突き出すとともに、腰が必ず前傾します。ニーイントゥアウトでは膝が内側に入る状態になり、膝が内側に入っていく状態になると必ず腰が前傾します。

これが人類の二足歩行になった時の全員共通の腰痛の理由です。

どうもありがとうございました。

LINE登録
公式LINEはこちら

(お得な情報を発信しています。是非お友達登録ください!!)

ニーイントゥアウトという現象について
~かかとをキュッと絞めるマジックジャンパー~

今日は、皆さんの腰が痛くなったり、膝が悪くなったりする1つの根幹になっている、ニーイントゥアウトという現象について説明したいと思います。

30年ほど前に、清風高校というとこの体操部から始まって、ボートの金メダルの三本選手とかトレーナーとして指導していました。選手がけがをした時に、なんで肋骨が骨折したり、足首が捻挫したりするのかなと、、、考えていました。これを応用すると、例えば体操でいうたら着地するときの、足のぐらつきがなくなったら、一般の人にとっては転倒予防になります。肋骨骨折のボートの選手の説明は少し難しいですが、ニーイントゥアウトが起きると、必ず肋骨へのストレスがかかるようになります。そこで今日はニーイントゥアウト*の説明をしたいと思います。
*ニー(膝)イン(内側に)トゥ(つま先)アウト(外側に)

ニーイントゥアウトというのは、片方の足を真っすぐ前に出して、後ろの脚の膝を伸ばしたままで、普通に前足の膝を曲げていくと、限界を超えると必ず内側に入っていきます。これはですね、かかとの骨が後ろへ滑っていくような状態になると、膝が内へ入っていくという現象が起きます。足を逆にしてみても、前の膝を曲げていくと、内側に入ってくんですね。

要するに、ふくらはぎがあって、アキレス腱があるから、かかとの骨が後ろに引っ張られて、内側のアーチがべたっとへこんできます。

それによって足の機能が落ちます。これを単純に解決する時に、ものすごい悩んだんですが、かかとの骨と距骨をキュッと絞めると、このニーイントゥアウトは必ず減少します。

というところを、テーピングで10年間やっていた時期がありますが、今は一般の人の使えるようにマジックジャンパーという名前で、かかとを絞めるサポーターを作っています。先月はマクアケというクラウドファンディングで5000%近く応援をいただいた人気商品になりました。是非皆さんも試してみてください。

ありがとうございました

LINE登録
公式LINEはこちら

(お得な情報を発信しています。是非お友達登録ください!!)