川原たけまさウォーキング 紹介編

こんにちは、川原たけまさです。
皆さん腰が痛くて歩くのが辛い、曲がった姿勢をまっすぐにしたい、最近尿漏れが気になるなどのお悩みがございませんか?私が考案した川原ウォーキングで日々の悩みを改善していきましょう。

これまで、姿勢や歩行のお話をしてきましたが、その改善の中心となる、「川原ウォーキング」について改めて紹介したいと思います。

川原ウォーキングはシルバーカーやステッキを持った人などの、腰を曲がった人を2本のポールを持ってまっすぐになることを目指していくウォーキングです。

図は2本のポールを持って歩くノルディックウォーキングと川原ウォーキングとの比較です。

その違いを説明してみます。ノルディックウォークは後ろにポールを持って歩幅を広くしたりするのですが、私の歩き方は前に突く歩き方で、背中を伸ばしていきます。川原ウォーキングはポールを前に突くことによって姿勢を伸ばしていきます。

ポールの形もまっすぐの場合やノルディックウォーキングでは、力を入れていくと、手首が上がっていき、ポールを真っすぐに突けません。特殊な形をしている川原グリップでは、真っ直ぐポールがつけるようになります。それによってノルディックウォークは姿勢が前傾姿勢になりますが、川原グリップを使用した川原ウォーキングでは姿勢が真っ直ぐになります。

実際に川原ウォーキングを体験した方の写真をご紹介します。

この方の場合は腰椎の4番と5番を圧迫骨折をしたのですが、10日後にまっすぐに歩けるようになりました。

病院から退院された時にすり足になったおじさんとかよくいらっしゃるんですが、足も上がるようになって、背中もまっすぐになってます。

こちらの方の改善例は、2019年にアメリカで発表しましたが、反張膝で膝が42°曲がっているんですが、半年後にまっすぐになりました。

では次回もお楽しみに、ありがとうございました

LINE登録
公式LINEはこちら

(お得な情報を発信しています。是非お友達登録ください!!)

尿漏れについて
~川原ウォーキングは家でもできる尿漏れ対策~

川原ウォーキングの川原たけまさです。

一般的に、60歳以上の女性は50%以上が尿漏れになると言われています。尿漏れの一番大きい理由は、お尻のところにある骨盤底筋群というのが衰えていくことによってなります。骨盤底筋群は50歳を超えていったら著明に出ますけども、お尻の筋肉がなくなっていくんですね。

女性の場合、例えば家事をする時にちょっとかがむ、例えば5度10度かがむ、これだけでおしりの筋肉が緩んでいくので、必ず骨盤底筋群が緩みます。骨盤底筋群が緩んでいって、腰が曲がった状態になると、絶対に筋肉がほぼないぐらいに緩んでいます。

ですから、姿勢を真っすぐにすることによって、尿漏れを防いでいきましょう。川原ウォーキングは、家で普通にできるので、尿漏れ予防の対策にもなっていきます。

ありがとうございました。

LINE登録
公式LINEはこちら

(お得な情報を発信しています。是非お友達登録ください!!)

高齢と老化について
~体を伸ばしていく川原ウォーキングを始めよう~

川原ウォーキングの川原たけまさです。
今日は 高齢と老化についてお話したいと思います。

高齢というのは年齢が上がっていって年が増えていくことを言います。
老化というのは、私の概念では、体の中の反射が悪くなって 、胃酸が増えたり減ったりですね、睡眠が衰えて眠れなくなったりですね、そういうことを老化と言います。脳から背骨を通って 脊髄神経が通って、その反射が悪くなっていくと、こういう胃酸の問題とかがでます。要するに、40歳ぐらいからだんだん人間が衰えていきます。

例えば、女性で言えば生理が終わっていくように、男性の場合も40代ぐらいから衰えていって50代から急激に落ちていきます。落ちていく時に当然重力によって身長が縮んでいこうとします。そして体も曲がろうとしていきます。それを老化と言います。その老化によって、こう背中がこう曲がって縮んでいきますから、いろんな反応が悪くなるということが老化です。

それをなくしていくために、体を伸ばしていく川原ウォーキングを始めましょう。

どうもありがとうございました。

LINE登録
公式LINEはこちら

(お得な情報を発信しています。是非お友達登録ください!!)

川原ウォーキングとノルディックウォーキング、ポールウォーキングの違い
~川原ウォーキングは健康のためのウォーキングです~

川原ウォーキングの川原たけまさです。

今日は川原ウォーキングとノルディックウォーキング、ポールウォーキングの違いについて話したいと思います。

川原ウォーキングというのは、真っすぐに突く、真っすぐ突いて背中を伸ばしていくということに特化してやっている健康のためのウォーキングです。

ノルディックウォーキングというのは、リハビリタイプでは踏み出した足の横にポールを突いたり、スポーツタイプではポールを後ろに突いたり、スピードを上げていこうとします。ポールを後ろにつく場合は、大股になってスピードを上げていくこともできます。

ポールウォーキングも一緒で、ポールを持って後ろにつくことによって歩幅を広げようとします。それによって、そのスポーツによって運動の向上を図っていくことができます。

川原ウォーキングは、常に姿勢を真っすぐさせていくことによって、背中を伸ばしていく、膝の隙間を伸ばしていく、そして筋力をつけていく、ということを目的にやっています。

どうもありがとうございました。

LINE登録
公式LINEはこちら

(お得な情報を発信しています。是非お友達登録ください!!)